SunaSet

日々と生活

#ff69b4

魔法のような1日が過ぎて

梅雨空の週末早起きをして出掛ける。

昨日の占いでは帰り道に良い事がありそうと書かれていて

山手線の車中週末のお誘いがふいに届いた。


こうやって繋がっていて

贅沢をさせてもらっている。

頭のはしっこにいるというのは

それだけで笑ってしまう位に幸せで

守られている、と感じる。


思いきり悪いことがしたくなって

朝一番のスターバックス、シュガーグレーズのかかったドーナツと

ソイラテを飲んでいる。


ねえ、いやな出来事なんて数えたらきりがないから

そんなのは今は置いておこう。

今、ここにいて、鈍色の空の下

行き交う人と車を右目で見ながら

ドーナツを食べコーヒーを飲んでいる。

それが全て。


#db7093

落ちたり上がったりしながら
なんとか生きてきた。
正直を言うと自分の容姿や内面はきらいだった。
なぜ皆そんなにしゃんと背筋を伸ばして堂々と歩けるのか分からなかった。
自分に対しての自信なんてものは全く無かった。
付け焼き刃だと思っていたし、なんとなくその場を切り抜けてきた。

今は降ってきていると感じている。
人生で勉強を自らしようという機会を掴まえている。
離したくない、まだまだ知る事がある。
曖昧さを少しでも無くしたい。

エモーショナルで刹那で、それも好き。
だけど知らない世界を知るには、とにかく勉強することだ。

やっと知った、よかった。

足りる重さ

363-07


夜桜を見た。

散り際の桜は風に舞って

シートを広げて缶ビールをあけた。

ちゃんと繋がっている感じがした。

会いたかった。

100mm

ばかみたい、

私は好きな格好をするわ。

短い人生自分を殺したくないのよ。

そんな自分で自分を痛めつけて無駄に苦労したくないのよ。

いい音楽がかかっていたら踊って、

人が多いスクランブル交差点を横目に帰るのよ。


何がだめで何が良いかはあなたが決めることじゃない。

私は私の人生を生きるのよ。


5,840

成人式の日は朝は雪で

それは冷え込んだ一日だった。

それでもいい思い出としてインプットされている。


エモーショナルすぎないよう気をつけてきたけれど

もう全開で出したくもある。


その声が好き、うるさくなくてじゃまにならない。

人を最大限に傷付けないようにする慣れている気遣いも好き。

佇まいが気に入っている。


もっと自分と向かい合いたい。

一晩中酒を酌み交わす勢いで自分と語り合いたい。

もっともっといけるはず、と信じている。


これが最後の夜になるといやだなと心から思う。

だからもう少し、ここで。



2045

蕎麦屋でせいろを一枚食べて蕎麦湯を飲んで

六義園へ夜の散歩に繰り出した。


ばかみたいに幸せでしょう、今。

それをもうちょっとだけ、もうちょっとだけ続けていたい。

いつもお抹茶を飲む茶屋の前で一旦立ち止まり

月が余りにも静かできれいだった。


春になれば控えめに咲き誇る染井吉野が見守る足元

ねえ今幸せよ。

0810

休みの朝、モーニングへ行く。

快適で暖かい格好をして足元はスニーカー、

重くないウールのコートを着て外へ飛び出す。


秋の朝はもう随分冷えていて

緑のにおいがはっきりする。

姿勢が悪くならないように気をつけながら線路沿いを歩く。

3分置きに到着する電車は行ったり来たり、休日も確実に人を運ぶために乱れなく動いている。


何も知らない世界へダイブして数年、

知らなかった世界を見ている。

それは初めて海の中に潜った時のように

美しくて新しい世界だった。


目で見て知った気になっていた場所にざぶんと入るのは

想像していたのと全く違った。

海の中は静かで、色んな魚がいて、亀がゆうゆうと泳ぎ、

ただそれを眺めていた。


1人でも酸素ボンベをしょって

いつでも海に飛び込めるように

今できるのは

勉強をする事だった。


勉強をしたい、今なら切実に思う。

アメリカに長く滞在した時に感じた焦燥感、目が開く感じ

20年後にそれを東京の地で思い出している。


世界の一片、熱燗を飲みながら会話をして

少しでも追いつきたいと思って

今を忘れないようにと祈った。