SunaSet

数字と生活

5,840

成人式の日は朝は雪で

それは冷え込んだ一日だった。

それでもいい思い出としてインプットされている。


エモーショナルすぎないよう気をつけてきたけれど

もう全開で出したくもある。


その声が好き、うるさくなくてじゃまにならない。

人を最大限に傷付けないようにする慣れている気遣いも好き。

佇まいが気に入っている。


もっと自分と向かい合いたい。

一晩中酒を酌み交わす勢いで自分と語り合いたい。

もっともっといけるはず、と信じている。


これが最後の夜になるといやだなと心から思う。

だからもう少し、ここで。