SunaSet

数字と生活

0810

休みの朝、モーニングへ行く。

快適で暖かい格好をして足元はスニーカー、

重くないウールのコートを着て外へ飛び出す。


秋の朝はもう随分冷えていて

緑のにおいがはっきりする。

姿勢が悪くならないように気をつけながら線路沿いを歩く。

3分置きに到着する電車は行ったり来たり、休日も確実に人を運ぶために乱れなく動いている。


何も知らない世界へダイブして数年、

知らなかった世界を見ている。

それは初めて海の中に潜った時のように

美しくて新しい世界だった。


目で見て知った気になっていた場所にざぶんと入るのは

想像していたのと全く違った。

海の中は静かで、色んな魚がいて、亀がゆうゆうと泳ぎ、

ただそれを眺めていた。


1人でも酸素ボンベをしょって

いつでも海に飛び込めるように

今できるのは

勉強をする事だった。


勉強をしたい、今なら切実に思う。

アメリカに長く滞在した時に感じた焦燥感、目が開く感じ

20年後にそれを東京の地で思い出している。


世界の一片、熱燗を飲みながら会話をして

少しでも追いつきたいと思って

今を忘れないようにと祈った。


広告を非表示にする