SunaSet

数字と生活

23

23歳の時にした大恋愛を

今も思い出す時がある。

振り返ればこうしておけばよかったと思うことは

後の祭りだ。

 

あの空気、寒い中をバイクで走りぬける風の感じ、

知らなかった音楽と山積みのレコ―ド

フローリングの冷え込み、オイルヒーター

買い物へ向かう道。

 

恋を手放したのは自分で

後悔したのも自分だ。

 

その時にはっきりと思ったのは

たやすいように見えることが一番得にくいという事だった。

ただ一緒にごはんを食べる、ただ一緒に夜更かしをする、ただ一緒に眠る。

何でもないただで生活はできていくのだ。

 

たわいもないということが一番得にくい。